奈良県大和郡山市の皮膚科・アレルギー科なら当院にお任せ下さい。JR大和小泉駅前東側すぐの所にあります。肌荒れ、かぶれ、じんましん、水虫、皮膚アレルギー検査、アトピー性皮膚炎、レーザー脱毛、乾癬、皮膚腫瘍、いぼ、ニキビ、ウオノメ・タコ、ほくろ、しみ・しわのことなら「森戸皮フ科クリニック」へお気軽にご相談ください。

一般皮膚科

  • HOME »
  • 一般皮膚科

一般皮膚科について

小さいお子さまからご高齢の方まで、あらゆる皮膚疾患に対し、丁寧な問診ならびに視触診、検査を行いながら治療にあたります。お肌のトラブルでしたら、何でもご相談ください。
保険診療を中心とした一般皮膚科診療を行っています。
湿疹やかぶれ、じんましん、アトピー性皮膚炎、にきび、とこずれ、円形脱毛症、うおのめ、イボ、水虫、帯状疱疹など一般的な皮膚のトラブルの診断・治療を行っています。

皮膚アレルギー検査

当院ではパッチテストによる金属アレルギー検査や佐藤製薬の「パッチテストパネルs」を用いた接触皮膚炎、慢性湿疹の原因検査を行うことができます。他院で原因がわからないと言われ、難治の皮膚炎でお悩みの方は一度ご相談ください。

皮膚生検

皮膚生検について

当院では悪性の可能性がある皮膚腫瘍に対しては必然的に、また難治性の皮膚炎、他院でよくわからないと言われた皮膚腫瘍、皮膚炎に対して医師が必要と判断した場合、積極的に皮膚生検を行い診断するようにしています。
皮膚生検とは皮膚病変を3~4mm程度(場合によっては1cm程度)切り取り、顕微鏡でその皮膚病変の細胞を観察し診断する病理検査です。しかし、顕微鏡を用いた皮膚病理診断には高度で専門的な知識、技量が求められるがゆえ、通常の皮膚科専門医、病理医ではすべてをカバーできません。当院では皮膚病理に関して専門的な知識、診断力を有する皮膚病理の専門医(奈良県立医科大学 皮膚科 助教 小川浩平医師)と連携し病理診断を行いますので、皮膚生検を用いた診断においては大学病院と同等の能力を有しております。

紫外線治療

紫外線治療について

当院では紫外線治療として、ナローバンドUVB療法を行っております。
中波紫外線の中でも非常に幅の狭い波長域(311 ± 2nm)が尋常性乾癬や白斑、掌蹠膿疱症などの難治性皮膚疾患に有効であることがわかっていました。
ナローバンドUVB療法では治療に有効なこの波長のみを照射しますので、これまでの長波紫外線療法(PUVA療法)と比べ、より安全に治療が行えます。使用する機器はダブリン社製の全身型ナローバンドUVB装置で、一度に広範囲の治療が可能となりました。
さらに従来の装置よりも照射率が高いため、照射時間を大幅に短縮できることや、より正確なエネルギー量を照射できるなどの利点もあります。

適応疾患アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、類乾癬、皮膚リンパ腫、痒疹 円形脱毛症など

巻き爪、陥入爪ワイヤー矯正

巻き爪、陥入爪ワイヤー矯正 9,000円

薄毛治療

男性型脱毛症(AGA または male pattern hair loss)

男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によりジヒドロテストステロンに変換され、このジヒドロテストステロンの作用により薄毛が進行する疾患です。
また、図のような(Hamilton-Norwood 分類)脱毛パターンを呈します。前頭部のM字型、頭頂部の円形型脱毛が特徴的です。
当院ではザガーロ内服(新薬のため近日入荷予定)、プロペシア内服、ミノキシジル外用などの治療を行っております。

女性型脱毛症(FPHL: female pattern hair loss)

男性型とは異なり前頭部(分け目)から頭頂部にかけて広範囲に脱毛がみられますが、前髪は残ることが多いといわれています。 図のような(Ludwig 分類)脱毛パターンを呈します。 診断には他の脱毛症,特に休止期脱毛との鑑別が重要になります、ミノキシジル2%外用剤、パントガール内服などの治療を行います。

脱毛症には他に円形脱毛症や休止期脱毛、瘢痕性脱毛などがあり鑑別困難なケースもありますので、誤った診断を受けると治療がうまくいきません。
薄毛でお悩みの方は皮膚科で的確な診断を受けるようにしてください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0743-57-6600 奈良県大和郡山市小泉町東1丁目6番地4



料金表

〒639-1044
奈良県大和郡山市小泉町東1丁目6番地4

JR大和小泉駅前東側すぐ

PAGETOP
Copyright © 2018 森戸皮フ科クリニック All Rights Reserved.