AGA_haircycle Normal_haircycle

6月20日より男性型脱毛症(AGA)の新治療薬、ザガーロの処方を開始いたします。

AGAでは男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることにより、毛髪の成長期が短縮され脱毛を引き起こします。

ザガーロはDHTに変換する酵素2つの働きを邪魔(阻害)する薬であり、この働きにより、太く長い毛に成長させる効果が期待できます。

これまで処方されてきたプロペシア(フィナステリド)という薬は、DHTに変換する酵素を1つしか阻害できませんでした。

臨床試験により、ザガーロはプロペシアに比べ約1.5倍程度の発毛効果を有することが判明しており、今後の治療の柱になると考えられます。